« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月23日 (水)

ちょこっとお休みです

パソコンの不調やプロバイダの変更やパンフレット作りなどで(T_T)ブログの方はしばらくお休みします。

また必ず復帰しますのでまっててくださいねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

パンフレット作り

20070917134046_0138 これは父が何でも鑑定団に出たときの写真です。本当に写真不足!の雪下駄です。

石川県での上映で、関係者に配るちょっとしたパンフレットを作成中です。ふみ子の海には上越市の観光案内までのった、情報盛りだくさんの販売パンフレットがあるのですが、それは当然のことながら映画の上映前に作られたもので、映画の上映後に起きたさまざまなことは載っていないのです。(あたりまえなのだけれど)その辺をちょっとまとめてみようというのがこのパンフレットです。ワードで作ってるし、内々だけの印刷部数も数十部(しかもお金が無いのでコピーかガリ版(^_^;))の予定なのですが、画像はCAL制作部さん直送(産直ですよー!)、高橋恵子さんと監督さんの色紙も載せて、原作者の言葉もあって、年表は2A探偵局さんからお借りしてと、なんだかすごく豪華なものになる予感が。パンフ用に私も呼びかけの言葉を書かせていただきました。「読んでて涙ぐんじゃった」と小松「いのちにやさしいまちづくりを考える会」榊原さんが褒めてくれましたよー。うれしい。一人で手作りなので出来上がるまでにまだまだ時間がかかりそうですが、出来たらまたアップしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋恵子さん、近藤監督のレセプション報告

20070603102952_0949 あいかわらず写真の無い雪下駄の町からです。

4月21日、前の記事でお知らせした高橋恵子さんの毎日映画コンクール受賞記念レセプションが映画の地元、高田の町で開かれました。

高橋恵子さんは近藤監督といっしょにお仕事をされた映画の思い出や、「ハムレットの悪女役をやる前だったらこの話は断っていたかもしれない」といった貴重なお話を披露。

 それから、父から聞いてびっくりしたのですが、ふみ子が真夏の暑い中浴衣姿で汗びっしょりになりながら師匠の肩をもむシーン、あれは実は真冬に撮られたのだそうです。本当は息も凍るような寒い中で浴衣一枚で撮影。震えもせず見事に演じきった理子ちゃんを高橋恵子さんが抱きしめてあげたのだとか。いい話だ~(T_T)。ふみ子の海、出演者の皆様もとても温かいですよね。

 そうそう、映画の最中に夢中になりすぎて「全くやな女だね!」とタカに憤っていたおばあさんがいましたが、もちろんあれは役の上でのことで、実際はとても優しくてとてもおきれいな方なのだそうですよ。念のため。

 その日はあんまり楽しくて、75歳になる父も真夜中まで楽しく飲んできたとか。うらやましい!

そうそう、ちゃっかりと高橋恵子さん、近藤監督から石川県の皆様へのメッセージを書いていただきましたよ。

父から届き次第またご報告しますね。

あらためて、近藤監督、高橋恵子さん、映画賞の受賞おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改めてふみ子の海

20070601075840_0907  石川県での上映の方もどうやら動きはじめそうです。シネモンドさんで上映がはじまるときには「ここでふみ子を知っているのは私だけなのだから」という思いがあったのだけれど、もう石川県でも350人以上の人が知っていて、これから加賀市での上映でおそらくもっともっとたくさんの方がふみ子を知ってくださるのだろうと思うとなんだか不思議です。

 そもそもシネモンドの総支配人の上野さんと出会ったのだって、メロメロポッチでたまたま隣に座っていた人とたまたまふみ子の話をしたら、熊野さんに「さやかさん、隣に座っている人誰だかわかりますか?シネモンドの総支配人ですよ。」と言われて「えーっ!」という感じだったと思います。それをずっと覚えていてくださって、まだ話題になる前から上映を決めてくださったのには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 ほんの少しだけれどいろいろと動いてみて、ふみ子の海は話題作ではないけれど人と人をつないでゆく映画なのだなぁという気がしています。

 何気なく持っていた石ころが実は土器のかけらで、つなげていったらすばらしい縄文が現れたというような素敵なことを人と人との間に引き起こしてくれる映画なのかもしれません。

 私もおそらく一つのかけらを持っているだけに過ぎないのですよね。石川県上映でもふみ子がたくさんの人と人をつないでいってくれますように。

<伝言板>

すののん様 コメントはアップしないでいいですね。秘密なので。

2A様 この記事のコメントに感想をいただけたらありがたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

そろそろ春なので……。

ダンナのうちのマロンです。こんなポーズで寝るし、ストーブの前から動かないので、ほんとは猫なんじゃないかとみんなで話しています。(相変わらず写真が無いのでふみ子の写真の代わりに。)

 そろそろ春なのでふみ子のこともはじめることになりました20080405183650_1293。東北では「ふみ子の海」ついに入場者数が10万人を超えたそうですよー。(岩手、山形、宮城、福島の4県で)6000人近くが鑑賞した岩手県の桜井セントラルホールでは、現在も再々アンコール上映が行われています。そして、北上市のさくらホールでは、なんと一日で3200人の人が集まったとか。なんだかすごい反響です。

ふみ子ちゃんは人気者ですね。

石川県では、ミニキネマ加賀さんの主催で、6月21日にアビオシティーホールでの上映が予定されています。ミニキネマ代表の斉藤さんと電話でお話したのですが、とても温かい雰囲気の方でしたよー。「いい映画だったよー。」と言って下さったのでとてもうれしかったです。どんな上映会になるのかとても楽しみです。

加賀市の皆様、ふみ子が行きますよ。どうぞよろしくお願いします。

夏休みか秋ごろに、小松での上映も企画されています。そして、父のたっての頼みで、小松の上映で私も実行委員としてやっていくことになりました。なにぶん頼りない私ではありますが、いろんな方々の力を借りてやっていこうと思います。どうぞよろしくお願いします。

 えっと、小松市の「ふみ子の海」上映会の実行委員になってくれる方を募集しています。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

高橋恵子さん、近藤監督のレセプション

20080405154720_1265 久しぶりの更新です。写真は兼六園の桜。今が見ごろです。ふみ子の海の舞台、新潟県上越市の高田公園も桜の名所。ライトアップされた夜桜は見ごたえがあります。そんな桜が待ち遠しい上越から素敵なイベントのお知らせが飛び込んできました。

 上越映画鑑賞会さん主催の 

高橋恵子さんの毎日映画コンクール受賞記念 特別映画会 です。

映画ふみ子の海で厳しい按摩の師匠役を演じられた高橋恵子さんと近藤昭男監督が来越。高橋恵子さん主演の映画「遊び」の上映とお二人のトークショー のついたふみ子の海の特別上映会です。上越にまたまたふみ子が戻ってきますよ。

4月21日 会場 リージョンプラザ上越

<プログラム>

午後3時30分開場 4時~高橋恵子映画主演第6作「遊び」の上映 

6時~ 高橋恵子さん、近藤監督によるトークショー

6時40分~ 映画「ふみ子の海」上映

<料金>前売り2000円 当日2500円(ふみ子の海前売り券持参の方は1000円)

お問い合わせは 上越市南本町 喫茶プー横丁内 上越映画鑑賞会(025-525-6990)

同日夜7時からは記念レセプションとして、「やすね」にて高橋恵子さん、近藤監督との歓談会があります。(料金は8000円 要問い合わせ)

お近くの方はぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »